郡山グルメ ラーメンブログ「寅さんのこおりやましゅらん」

郡山のグルメブログ。ガンガン更新中です!ラーメンや寿司、高級店も。酒乱の妻と医者の夫「寅さん」による、福島県郡山市の美味しいお店ログです。実際に行った感想と点数を公開します。

お寿司推しのうどん・そば屋さん「そもさん」

最近めっきり恰幅が良くなり、ますます人情味が増した寅さんのズボンを新調しにうすい百貨店へ。

寅さん、お店での買い物は四方八方に気を使い、疲労困憊してしまうタイプなのでできれば通販で済ませたいのですが、

ボトムスはなかなかサイズ選びが難しい。

もしやこれはZOZOスーツが解決してくれる問題なのだろうか…

 

ということで

お昼もサクッとうすいで済ませることに。

ハゲ天が確かうすいに入ってたはず…と意気揚々と10階へ上がりますが見当たりません。

どうやら地下の食品街にあるようですね。

すでに天ぷら口になっていた我々ですが、ぐっと堪えてお蕎麦とうどんのお店、「そもさん」へ。

 

https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7000701/top_amp/

 

中に入ると、「いらっしゃいませ!こちらどうぞー!本日お寿司とのセットをおすすめしておりますー!」と元気なおばちゃんが迎えてくれます。

 

席に着くと、カウンターの板前さんも「らっしゃいませー!お寿司・ちらし、本日おすすめですよ〜!」と威勢がいい。

 

そんな中わたしたちのチョイスは

夫、うどんとちらしのセット1200円

f:id:torasantorasan49:20200404215211j:image

 

わたし、鳥せいろ蕎麦900円

f:id:torasantorasan49:20200404215239j:image

 

 

 

それにしても店員さんのお寿司推しがすごかった。

寿司仕入れすぎたのかなと逆に心配になりました。

でもお蕎麦は普通においしかったので、うすいに来たらまた来ようかなと思います。

 

 

古民家蕎麦のコシ旨し 隆仙坊

ある晴れた休日、私寅さんと妻は蕎麦が食べたくなり、かねてより行きたかったこちらを訪問。

りゅうせんぼう。隆仙坊。

 

f:id:torasantorasan49:20200331114304j:image

古民家の風味。
f:id:torasantorasan49:20200331114249j:image

ほほう、どじょうもあるのか。
f:id:torasantorasan49:20200331114256j:image

夏らしい入り口。


f:id:torasantorasan49:20200331114252j:image

入るとそこは、まるで京都の古民家のような雰囲気だ。広い座敷に回廊がぐるりと囲んでいる。

店内にはゆるりとジャズがかかっている。こんな蕎麦屋も悪くない。さっそくめにうを。

f:id:torasantorasan49:20200331114300j:image

オシャレ。
f:id:torasantorasan49:20200331114315j:image

正直言ってメニューが多すぎて何が何だかよくわからなかった。私はお勧めのどじょうせいろ、妻は店員さんに勧められた2色せいろと言うものを頼んだ。
待っている間も店内を見渡す。不思議なものがいろいろある。
f:id:torasantorasan49:20200331114308j:image
f:id:torasantorasan49:20200331114246j:image
なんともめでたい熊手がある。商売繁盛のシンボルだ。こんな大きなもの、家にも欲しいなぁ。
などと考えていたら、10分ほどで来た。
f:id:torasantorasan49:20200331114242j:image
「まずはどじょうからですねー」
f:id:torasantorasan49:20200331114311j:image

どじょう。どぜう。

柳川のどぜうは卵で閉じるが、ここはそのまま甘辛くにつけている。少しヌルミはあるがなかなかうまい。骨の歯ごたえは良い。ご飯が欲しくなった。
そうこうしてるうちに蕎麦がきた。

f:id:torasantorasan49:20200331114408j:image

 

歯応えの良い蕎麦。ほんの少しのつけだれをつけ、ぞぞっと頂く。なぜか少し梅の風味を感じたのは、私が風流人だからだろうか?

妻の蕎麦もひと口いただいた。なんとも桜の香りと味が春めいている。

 

f:id:torasantorasan49:20200331221414j:image

 

実は有名店だというこのお店。

確かに店構えも料理も接客も一流の風景である。私たち夫婦はまるで京都にいるような錯覚にとらわれた。

 

80/100点。今度は日本酒に旨い蕎麦でもいただきましょう。

 

「丁寧な料理屋」で癒される 一芳

こんにちは、皆さまお馴染み寅さんです。

この日訪問したのは、たまたま通りすがったお店、一芳。

外から見るとなんとも雰囲気の良いお店で、お昼に予約して夜に伺ったのでした。私と妻は大はしゃぎ。こんな外観です。

予約の電話の時、すでに妻はとても親切なおじさんだと言っておりました。なんでもコースが3つあるそうで、「初めてですがオススメはなんですか」と尋ねると、「まぁ最初ですから真ん中位がいいんじゃないですかね」と言うなんとも温かいコメントでした。

 

f:id:torasantorasan49:20200329231137j:image
f:id:torasantorasan49:20200329231133j:image

店内は落ち着いた雰囲気で、この日曜日の夜は老夫婦と我々夫婦のみがお客さんでした。親切そうな奥さんが接客してくれます。

和も洋も混在する、ややトンチンカンな店内の雰囲気に酒乱妻はキョロキョロとしております。

そんな中、私たちはいっぴん目を持ちました。


f:id:torasantorasan49:20200329231122j:image
季節のもの。
f:id:torasantorasan49:20200329231115j:image

お刺身。なかなか旨い。そして…

おや?お寿司?


f:id:torasantorasan49:20200329231126j:image

 

ここで、おばちゃんが「お刺身の代わりに」と言って持ってきたのですが、われわれはすでにお刺身をいただいておりました。妻は、もしかして隣のテーブルのお寿司をいただいてるんじゃないか、と疑念に駆られておりましたが、そんなこともなさそうでした。にぎりもおいしかった。

からの、なんと!突然のこれ!


f:id:torasantorasan49:20200329231109j:image
そう、すき焼きです。小さいお鍋にグツグツと言ってきたこちらをいただきました。量もちょうど良いです。和牛が柔らかい。

f:id:torasantorasan49:20200329231146j:image

そして焼き物。
f:id:torasantorasan49:20200329231150j:image

てんぷら。とても丁寧な味。いい仕事をしますね、大将。

酒を飲んでいなかった我々は、そのまま食事に雪崩れ込み。

今宵は春のたけのこご飯でございました。
f:id:torasantorasan49:20200329231112j:image


f:id:torasantorasan49:20200329231128j:image

 

御釜に入っていたのでお代わりをした寅さん。大満足です。


f:id:torasantorasan49:20200329231142j:image

デザートをいただき、フィニッシュ。

雰囲気、コースの内容は大満足。

飲み物を2人で2杯飲み、お会計は10000円ちょっと。うん、コスパも良いと感じる。

 

85/100点。ちょっとしたお祝いでまたきますね。

住宅街に現れた玉ねぎラーメン「まるやま」

雪がしんしんと降ったある日。

こんな日はあったかいラーメンを食べたいねと、先日行きそびれたくまごろうらーめんをうきうきと目指しました。

 

ところがどっこい駐車場が満杯…

果たして混んでいるのはミオパスタなのか、くまごろうなのか…

 

潔くくまごろうは諦めて、そのまま住宅街を5秒くらい進むとすぐに赤いのぼりに「営業中」の文字が目に飛び込んできました。

f:id:torasantorasan49:20200329141558j:image

空腹も手伝い、本日のランチはここに即決です。看板ないけど。

 

あとで調べたけど、お店の名前は「まるやま」というそうで、八王子らーめんのお店のようです。

「八王子らーめん」というジャンル、初めて耳にしたけどらーめん界では常識なのでしょうか…

 

ガラガラと引き戸を開けると、

七福神のどなたかと思うような、とても感じのよいご主人が迎えてくれます。

清潔感のある店内はカウンター10席程と4人席のお座敷が6-7個?くらいあり、かなり広々としてます。

f:id:torasantorasan49:20200329144947j:image

 

f:id:torasantorasan49:20200329144955j:image

 

 

メニューはいたってシンプル。

 

f:id:torasantorasan49:20200329145040j:image

醤油ラーメンがとても安い。

でもお腹ぺこぺこで誘惑に弱いわたしはワンタンメンを。

同じお腹ぺこぺこの夫はチャーシュー麺をチョイス。

 

夫の更新したこおりやましゅらんをふたりで読んで待ちます。なんだこの夫婦は。

 

f:id:torasantorasan49:20200329142643j:image

 

ストーブの近くの席で待つこと5分。

 

まずは夫のチャーシュー麺の登場。

f:id:torasantorasan49:20200329142823j:image

そこはかとない品を感じる見た目です。

 

続いてわたしのわんたん麺。

f:id:torasantorasan49:20200329142924j:image

 

こちらも品がありますが、よく見るとテカテカと油が輝いています。。

スープをひとくち啜ると、そこはもう八王子。

八王子ラーメンの特徴である、玉ねぎのみじん切りが新たな食感とかすかな甘味と辛味を生み出していてとっても美味しいです。

八王子ラーメン、さっき知りましたが。

 

ワンタンもおいしかったのですが、お腹ぺこぺこじゃなければ、醤油らーめんで十分かなと感じました。

 

お会計はふたりで1500円ほど。

おつりで頂いたお札もピカピカに綺麗だったのが好印象。

帰り際、「おいしかったけど、洗い物の音が大きくてちょっと気になったなぁ」とポソリと呟く繊細な夫を横目に、味・サービスともに大満足、ほっこり気分で再訪を確信した酒乱妻でありました。

 

ちなみになんと看板はお店の中にありました。

f:id:torasantorasan49:20200329143016j:image

 

デカすぎ早すぎ寿司 「春寿司」で特上を

全国のこおりやましゅらんファンの皆様、こんにちは。寅さんです。

 

今回の調査は、お寿司です。実はこのブログ、なかなか寿司には手を出していません。しかし、このたびちょっとした春のお祝いがありましてたまにゃ寿司でもつまもうか、となった訳でございます。

さあのれんをくぐってこんにちは、休日昼にお邪魔です。

入るとさっそく常連さんのような人が3人ほど。大将と談笑しておられます。ちょ、ちょっとハードル高いな…

 

メニューらしいものは無い。さてどうしたものか…と思っていると、酒乱妻が「メニューはなんですか?」と聞いてくれる。小心な寅さんには有難い、この奥さん。

「上、特上、あとちらしです」

「特上で」

寅さんは最近いいことがあったので、ここの調査も兼ねて奮発したのである。

 

(…でもちょっと高いのかな…もったいなかったかな…)

そう思いつつも待つこと5分。おばちゃんがくれたお茶を楽しむ。

 

 

そして来たよ、来ましたよ!

f:id:torasantorasan49:20200329132828j:image

ネ、ネタでか!!!!

 

一瞬でほおばる寅さんと酒乱妻。

ぐおおお、うまい!

江戸前寿司とはまた違う、このネタの大きな寿司。寅さんは実は江戸前よりこのほうが好きなのだ。

f:id:torasantorasan49:20200329132828j:image

 


f:id:torasantorasan49:20200329132833j:image
f:id:torasantorasan49:20200329132824j:image

 

♫デカすぎて デカすぎて ことーばに ならーない♫

 

妻のウニはこぼれていた。

 


f:id:torasantorasan49:20200329132818j:image
f:id:torasantorasan49:20200329132821j:image

巨大巻物も食べ、お会計は一人3800円。

なんとお店を出るまで所要時間20分。江戸っ子のような寿司スタイル。

 

少し常連雰囲気のハードルはあるが、高コスパと判定。

 

80/100点。再訪、確定。

 

 

 

温泉地の人気蕎麦屋さん「いしむしろそば」

 

ある日の週末、郡山の温泉地磐梯熱海へ行ってまいりました。

郡山市街地から車で30分足らずで、本格的な温泉に入れるので夫婦で気軽に訪れています。

 

今回は華の湯へ宿泊。

お昼は車で2、3分にある、「いしむしろそば」さんでお蕎麦を。

 

いしむしろ

https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7000092/top_amp/

 

f:id:torasantorasan49:20200322131137j:image

風情あるたたずまい

 

こちらのお蕎麦やさん、磐梯熱海に宿泊した際によく利用させてもらうのですが、

いつ伺っても人が結構入っています。

f:id:torasantorasan49:20200322131103p:image

そもそも他に食事できる場所が数カ所しかないのもありますが、おいしいのできっと人気店なんですね。

 

入った瞬間、厨房がざわついているのを感じつつも、夫はなめこそば(温)、わたしはざるそばを注文。

朝晩の贅沢なビュッフェで、少々弱気な我々です。

ストーブの隣の席で、わくわくしながら待つこと10分弱、ざるそばのご登場です。

f:id:torasantorasan49:20200322131640j:image

 

蕎麦がしっかり引き締まっていて、さっぱりとおいしいです!もみのりがいい味でしています。

 

夫のなめこそばも。

f:id:torasantorasan49:20200322131812j:image

花冷えの折、体に滲み入るやさしい味です。

 

麺類はバリカタ派のわたしとしては、柔らかい麺がちょっと物足りないのですが…

 

蕎麦湯をいただきほっとしたところで、

再度厨房のざわつき、お客さんのなんとも言えない緊張感に気がつきます。

 

どうやら天ぷらそばの注文が殺到し、

揚げ場がパンクしてしてしまい、供給がかなり遅れている様子。

天ぷらそばを注文するお客さんはきっと普通よりちょっとお腹が空いてますから、なかなかの緊張感です。

 

ホールのおばちゃんたちの連携プレーでなんとかその後無事に供給を済ませていましたが、

チラッとのぞいた天ぷらは満腹状態でもそそられるほど、たしかに美味しいそうでした。

次回は天ぷらそばにしよう〜〜〜。

 

f:id:torasantorasan49:20200322133107j:image

 

街のパスタ屋さん「ミオ・パスタ」

こんにちは、酒乱妻です。

ここ最近こおりやましゅらんブログの更新を再開し、新規開拓が楽しい日々を送ってます。

 

今回訪れたのは「ミオ・パスタ」さん。

https://tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7000960/

 

f:id:torasantorasan49:20200321134609j:plain

くまごろうラーメンへの行く手を阻む緑のエントランス

 

実はこの日はこのお店の下の階、1階にある、「くまごろうラーメン」を新規開拓するつもりでしたが、

ミオパスタの入り口に見えた”イカとメンタイコのクリームスパ”の字に、夫婦の心は鷲掴み、気づくと二階のミオパスタに着席していたのでした。

くまごろうさん、またいつか・・

 

年季を感じる外観からは意外に思うほど、とっても清潔で明るい店内。

大きなカウンター(席はなし)にテーブル席が10席ほどでしょうか。

f:id:torasantorasan49:20200321135806j:plain


メニューを開くと、クリーム系・オイル系・トマト系・和風系・スープ系などジャンルごとに別れており、それぞれ5種類ほどあるので種類はかなり豊富。値段は平均800円〜1000円くらいといったところ。

 

メニューを吟味し、注文を終えます。

時刻はすでに12:00過ぎ。期待に胃が踊ります。

 

店内には漫画や新聞が常備されており、夫は新聞を読みつつ空腹を紛らわします。

10分ほどまったところで、まずは夫注文の「海の幸のスープパスタ」!

 

f:id:torasantorasan49:20200321140255j:plain

明太子が別添えです

少し頂いたところ、シーフードの旨味がとっても美味しいです。細いアルデンテの麺も好み。ただ塩味がなかなか濃くて、水が手放させませんでした。

スープ全部飲んではいけないやつです。。

 

あと、特筆すべきは、こちらのサラダ。追加でオーダーしましたがドレッシングがすごい美味しかった。説明がうまくできないけど、夫も好評していました。

ただこちらもちょっとしょっぱめ。

f:id:torasantorasan49:20200321140808j:plain

何が入ってるのこの旨味・・

続いて私のオーダー、「ボンゴレビアンコ」

f:id:torasantorasan49:20200321141007j:plain

これでもかとあさり

にんにく〜〜〜〜〜!

にんにく好きの私たちにはたまらんにんにく具合で、大満足です。

しかもあさりの量が大サービスで、不思議なことに貝殻の数の倍近く身が入っていました。

 

ただこちらも結構しょっぱめで水は手放せません。

 

麺はどちらも多めで、お腹を満たして幸せ気分のところで、

私たちはついに発見してしまいました。

f:id:torasantorasan49:20200321141610j:plain

ら、ランチメニュウだと・・?

サラダとドリンク付きのメニュー・・?

周りを見渡せば、みなさんこれを頼んでる方が多いようでした。

こちらの方が正直大変お得ですね。

(く、ちょっと損した気分だわ。いやいや、お得なものでなく本当に食べたいものを選べる余裕を持つべきよ。)と自分に言い聞かせながら夫の方を見ると、激しく貧乏ゆすりをしていました。

でもよくよく見て見たら、こちらのランチメニューのボードは下の入り口にもあり、

むしろ「くまごろう」を捨ててこちらの「ミオパスタ」に来たきっかけである「イカとメンタイコのクリームパスタ」が書いてたのがこのランチボードやないかいと 、

空腹時の視野の狭さを大いに反省した二人でした。

とはいえ、初心者にはランチがあるよとぜひ説明して欲しかったなと思いつつ、

とっても美味しかったしお店も落ち着く雰囲気だったのでまた来たいです。

 

ちなみにお店に入店するにはこちらの急な階段を登らなければならず、

足腰の弱い方などの同伴は難しそうでした。

 

f:id:torasantorasan49:20200321143232j:plain

心臓破りの階段